エリア別
おすすめ会社を見る
HOME » タワーマンション売却に関する基礎知識・注意点 » オリンピック開催にまつわる買取り需要アップ

オリンピック開催にまつわる買取り需要アップ

2020年には、東京でオリンピックが開催されます。

現在、オリンピックに向けて、海岸エリアの需要が高騰を続けています。

このページでは、オリンピック開催に関連して、買取需要が高まっている詳しい理由をまとめました。

競技場や商業施設が増える?湾岸エリア

2017年現在、湾岸エリアはマンションや道路の整備、各種スタジアムの建築などが予定されています。

オリンピック関連の開発が進むことで、人々が寄せる関心がますます高まっていくでしょう。

オリンピックを一目見たい、その雰囲気を近くで味わいたいという人たちが、湾岸エリアへどっと押し寄せます。

人が多く集まることで、商業施設などが賑わい、より地域が発展していくことが予想されます。

特に、晴海周辺には選手村予定地の建設計画があり、今後大規模マンションが建てられる予定があります。

海外の投資家が購入するケースが増えている

日本でのオリンピック開催は、世界中からも注目を集めています。

特に開催地付近の湾岸エリアのマンションは、高まるオリンピック熱に備えて投資目的で購入するケースが増加中です。

買い手としては、中国人や台湾人などの海外投資家も多く、幅広い買い手が予想されます。

今後もオリンピック開催まで、しばらく売り手市場の状態が続くでしょう。

贈与の非課税額アップでタワーマンションが購入しやすくなった

タワーマンションというとかなり高額な買い物になりますが、自分自身の資産だけでなく、親などから金銭を贈与されて購入するケースも多いようです。

贈与税はもともと1,500万円まで非課税とされていました。しかし近年3,000万円までに拡充され、より多くの金額が非課税で贈与でき、高額のタワーマンションを購入する若い層が増えました。

特に若年層は1964年に開催された東京オリンピックを間近に見た記憶がないため、オリンピックを一目見たいという人が多く、湾岸エリアのタワーマンションが売れています。

タワーマンションを売却するならエリア別に見るおすすめの不動産会社
タワーマンションを売却するならエリア別に見るおすすめの不動産会社