エリア別
おすすめ会社を見る
HOME » タワーマンション売却に関する基礎知識・注意点 » タワーマンション売却時のメリット・デメリット

タワーマンション売却時のメリット・デメリット

タワーマンションは、憧れの住まいとして人気の物件です。

また、住むだけでなく不動産投資のために手に入れたいという人もいるでしょう。

そんなタワーマンションを売却する際のメリットとデメリットをまとめました。 

タワーマンションを売却する際のメリット

タワーマンションは海外の投資家から注目されている

タワーマンション購入を検討しているのは日本人だけではありません。

中国や台湾など、海外の投資家に注目されている物件も多く、幅広い買い手が予想されます。

高層階は節税目的での購入がある

近年、相続税を少しでも節税するために、タワーマンションの高層階を購入する人が増えています。

マンションが建っているの土地の評価価格がその理由です。

高層マンションを購入しても、多くの戸数を持つマンションは、土地の価格が安く評価されます。

また、部屋の広さ・間取りが同じであれば、どの階にあっても相続税の金額は変わらないため、できるだけ高い階を購入するのがお得だと言われています。

耐震性に優れた物件が多い

タワーマンションは、耐震性に優れた物件が多く、地震の多い日本でも安心して住めるため人気があります。

2020年のオリンピック開催に向けて需要が高まっている

オリンピックの影響で、特に都心部のタワーマンション需要が高まっています。

タワーマンションを売却する際のデメリット

同じタイミングで売りに出す人が多い

戸数の多いタワーマンションは、同時期に同じマンションを売却する人も少なくないようです。

同じマンションで売却が相次ぐと、買い手が気になるのは「売却価格」。

売却価格によっては、なかなか買い手がつかないこともあります。

また、買い手より売りたい人の数が多いと、売れ行が鈍くなることがあるでしょう。

管理費や修繕費が高コストになることも

タワーマンションのような充実した設備や共有施設を持つ物件は、管理・修繕を行える業者がそう多くありません。

そのため、修繕費などのコストが高くつくケースもあります。

タワーマンションが売却できない4つの原因とその対策法

いざタワーマンションを売りに出しても、なかなか売れない事態に陥ることがあります。あなたのタワーマンションが売れない原因を解明して、対策を講じましょう

同じマンション内で売りたい人が多数いる場合は時期をズラしてみる

タワーマンションの一室を売りたいのはあなただけではないかもしれません。人気のタワーマンションで売り物件がいくつもある場合、当然ですが価格が安い物件に人気が集中してしまいます。

そうなると値下げするより他にないという考えになってしまいがちですが、一度値下げすると次に値上げはなかなかしにくいもの。値下げの競争に巻き込まれそうになった場合も、一度よく考えるべきです。

もし時間に余裕があるのなら、一旦時期をズラして販売を再開するという方法もあります。ただし、3月などの繁忙期を過ぎるとまた売れにくくなってしまう可能性も。この方法を取る場合は長い目で見て時期を調整する必要があるでしょう。

買い手に魅力的と思わせる写真を使用する

インターネットなどに掲載する際、写真は使用していますか?単に間取りが書いてあるだけの物件と、実際の写真が掲載されてある物件では、写真があるほうがより実感が湧き、問い合わせしやすいという心理がはたらきます。

また、その写真の質も重要です。場合によっては、かえってマイナスイメージにつながるかもしれません。写真を撮る際は室内をキレイにして、日光の差し込む時間帯に撮る、撮影後は明るく修正して見やすい工夫をするなど、手間をかけましょう。

実際に部屋を探している人があなたのタワーマンションの写真を見て「ここに住みたい」と思ってくれるか、客観的に考えてみるのもおすすめです。第三者に写真を見せて判断してもらうのも良いですね。

写真をすでに掲載している人は、一度写真の質にも目を向けてみてください。

販売価格が相場に見合っているか調べる

もしかしたら、あなたのタワーマンションが売れない一番の原因は販売価格にあるかもしれません。購入時の価格などは一旦忘れて、今一度販売価格を見直してみましょう。

タワーマンションの販売価格の相場は、インターネットからでも簡単に調べることができます。不動産のサイトで土地環境や築年数、広さなどを入力すれば、他に出品している方のタワーマンションや相場が分かります。

同じような条件で販売しているタワーマンションの価格と見比べて、自分が販売しているタワーマンションと比較してみましょう。相場と比較して高すぎる場合は、値下げも検討する必要があります。

不動産業者の囲い込みに注意!宣伝活動の報告を求めてみよう

価格を見直したり時期をズラしたりとあれこれ工夫をしているのになかなかタワーマンションが売れない場合は、不動産業者に問題があるかもしれません。任せっきりにせず、一度宣伝活動や申し込み件数の報告を求めましょう。

売主、買主が不動産業者に仲介手数料を支払うことで不動産業者は利益を得ていますが、インターネットのレインズなどに掲載してしまうと買手からの仲介手数料をもらうことができなくなります。

売主、買主からの利益を効率的に得るためにあえて物件を公開せず、自分の顧客からあなたのタワーマンションを買いたいという人が現れるのを待つことを囲い込みと言いますが、最近はこの囲い込みが問題となっています。

囲い込みは外からでは見えにくく、しっかり禁止するルールや法律もありません。そのため、報告をもらったり自分で調べたりする必要があります。

あなたのタワーマンションが売れないのも何か理由があるはず。原因を突き止め、しっかり対策することで売却につなげましょう。

タワーマンションを売却するならエリア別に見るおすすめの不動産会社
タワーマンションを売却するならエリア別に見るおすすめの不動産会社