エリア別
おすすめ会社を見る
HOME » 港区周辺のタワーマンション売却オススメ不動産会社 » 赤坂

赤坂

このページでは、赤坂で人気のマンションを売却した場合の売り出し価格と、仲介手数料が入った場合の金額シミュレーション、赤坂の特徴について記載しています。

赤坂の特徴を知ることで、どのような層に需要があるのかを調査しましょう。実際のマンション売却の際に役立てることができるので、ぜひ参考にしてみてください。

また、売却価格をあらかじめ知っておくことで、不動産業者に査定をお願いする前にある程度想定することができます。

シミュレーションをもとに、売り出すべきかを検討する材料にもなるでしょう。

赤坂エリアの特徴

一言で言い尽くせないほど、色々な施設が立ち並んでいるのが赤坂エリアの特徴。

テレビ局にオフィス街、商業施設に赤坂コリアタウン、高級クラブなども多く、繁華街として知られています。

一方で、永田町など政治家が多く集まるエリアでもあり、赤坂には政治家ご用達の飲食店が多いです。

赤坂のイメージ画像

華やかで明るい繁華街でもあり、政治と関わりの深い街という二つの顔を持つ赤坂。 

若者よりも、やや年上の方が好みやすい街で、住む人の年齢層も高めのようです。

パークコート赤坂ザタワーの特徴

東京メトロ線の駅からのアクセスが良く、赤坂駅・青山一丁目駅・赤坂見附駅から徒歩圏内にあります。 

駅からは少し歩きますが、マンション北川には赤坂御用地、南側には赤坂サカスがあり、赤坂エリアの多様性を実感できる立地です。

免振・制振・耐震構造になっており、大切な家族とともに住みたいマンションです。

コーチエントランスでは、ベルスタッフとポーターが居住者を出迎えます。ホテルのようなラグジュアリー感を毎日味わうことができるでしょう。

設備も充実しており、防犯カメラがついているのでセキュリティ面でも安心。

間取りも1Rから4LDKまで幅広く、様々なタイプの居住者に対応しているところが魅力です。

37階にはスカイラウンジ、最上階である43階にはスカイデッキが設けられています。

赤坂の不動産情報

東京オリンピックを2020年に控え、赤坂エリアは再開発が進んでいます。

代表的なのが、旧赤坂プリンスホテルの解体後、その跡地に建てられた、ホテル、オフィス、商業施設、賃貸マンションからなる複合施設『東京ガーデンテラス紀尾井町』のオープンでしょう。

そのほかにも再開発計画として周囲には複数のビルが竣工しました。その一つが赤坂一丁目に2017年8月に竣工予定のオフィスビル『赤坂インターシティAIR』。こちらは総貸室床面積約25,000坪に加え、そこで働く人々のためのクリニック、託児所、飲食店を擁したビジネス特化型施設となっており、まさに再開発計画に相応しいオフィスビルとなっています。

2020年には虎ノ門に新駅が開設。それに伴い、新しいバスターミナルが整備され、臨海部とを結ぶBRT(バス高速輸送システム)の発着点となる予定となっています。オリンピックをきっかけに始まった再開発ですが、赤坂エリアはオリンピック後もビジネス・交通の拠点として、さらなる発展が期待されており、マンション需要は高まってきています。

今後の資産としての将来性も含め、赤坂エリアに定評のある不動産業者に相談してみてはいかがでしょうか。

 

パークコート赤坂ザタワーの売り出し価格+仲介手数料を差し引いた金額シミュレーション 

パークコート赤坂ザタワー

このエリアに特化した不動産会社

シーサイドリアルエステート

繁華街が充実し、そして現在はオフィス街としても発展を遂げているのが赤坂です。年配の方に根強い人気を誇る街としても有名な赤坂でタワーマンションの売却を考えているのなら、シーサイドリアルエステートがオススメ。いずれのスタッフも経験が豊富で、当該エリアの知識量も十分。将来的な資産価値の上昇も見据えて、的確な査定を行ってくれます。

所在地 【東京麻布支店】〒106-0031 東京都港区西麻布3丁目2番43号 西麻布3243ビル6F
営業時間 9時30分~19時
定休日 水曜日、年末年始、お盆、GW

 

タワーマンションを売却するならエリア別に見るおすすめの不動産会社
タワーマンションを売却するならエリア別に見るおすすめの不動産会社